FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

手術の日

2008/12/04 10:29

診断から5日目、

手術の日がきました。

朝から飲まず食わずです。

咳と痰がでていたのでマスクをしていきました。

まずは子宮を広げる処置から。。。

これが痛い!!涙チョチョギレるかんじ。

その後、先生から咳が止まらない様だと

手術は延期になりますとのこと。。。

先生、早くいってくださーい。

また子宮を広げるのをやらなくてはいけないなんてムリ!!!

ということでなんとか咳をださないように必死。

それから手術台で待つこと2時間半。。。

ん?だんだん咳が止まってきた。

予定通り手術が行われました。

お尻に打たれた筋肉注射2本が次に痛かった。

その後点滴が始まり、麻酔が入る。

数を数えて1~10

又1からいきましょう~~~でトリップ。

映画を観ているようでした。

あの世とこの世の境というのでしょうか。

不思議な世界へいったような。。そんな夢だったのか。。

今、生きている人生も夢なのかも。。

なんてそんなことを考えちゃうような不思議な時間でした。

あーまたこっちの世界か。。しんどいなぁなんて思いながら

意識が戻る。

下半身がズーンと重い。

看護師さん達の話し声が鮮明に聞こえる。

まだボーっとしている。

もう一度寝る。

目が覚めると、おなかの痛みもほとどなく

意識もはっきりしてきた。

あー、終わったんだ。。

ここではじめて流産の手術が終わったことを認識する。

着替えて診察を受け、薬をもらって

夫とムスコに迎えに来てもらいました。




スポンサーサイト

3ヶ月  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。